小川っ子保育園建築工事について

小川っ子保育園の建築工事の様子を写真で紹介します。

10月30日

10月14日

10月7日

看板つくりました!

絵は、年長のつばきさんに描いてもらいました。(2020年9月)

イメージ図

小川っ子保育園工事概要

  • 工事名   小川っ子保育園 建築工事
  • 工事場所  比企郡小川町増尾232番1、233番1、234番1
  • 工事期間  令和2年6月~令和3年3月 ※開園予定 令和3年4月1日
  • 建築主   社会福祉法人いずみ会理事長 尾島牧人
  • 請負業者  株式会社千葉工務店

小川っ子保育園概要

  • 施設の名称: 小川っ子保育園
  • 所在地: 埼玉県比企郡小川町増尾中原232番1
  • 設置者: 社会福祉法人いずみ会
  • 理事長: 尾島牧人
  • 利用定員: 60名
  • 延べ床面積: 465.22㎡
  • 敷地面積: 2,837.74㎡

保育目標

  • 遊びを通して子どもらしく伸び伸びと育つ。
  • 子どもの尊厳が守られ、自ら思考し自分の言葉で語れる子。
  • 仲間との関わりの中で、思いっきり泣き笑える子。
  • 自然との触れ合いにより豊かな感性を育む。
  • 農作業を通して地域の人々や歴史・文化に触れ、郷土愛を育む。

保育内容

  • 自然豊かな小川町の恵みをたくさん経験する中で、地域の人々と農作業や伝統行事など共に支え合いながら、まちの保育園を実践する

位置図

敷地内配置図

大切にしていきたいこと

  • 子ども達の心が満たされ、安心できる保育園
  • 自然体験をとおして、脳を育て、個性をつくり、感性を磨く
  • 保育園生活の担い手としてすべての子どもに役割があり、自由に参加する手立てを保証する。
  • 子どもらしい、ゆるされた時間をたくさん感じられる保育
  • 地域の人が集える「集会所」のような保育園にしたいと考えています
  • 子育てしている人も、そうでない人も、多様な人が子育てに関われる保育園を目指します
  • 柿が縁側で干してあるような「農のある生活」を保育園でしたいと考えています
  • お米作り、畑作りを地域の人とみんなで行ないたいです